スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACNの可能性について

img_acn02.jpg


今春、アメリカの携帯電話会社ディズニーモバイルが日本に進出しました。

ソフトバンクモバイル株式会社
(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下、ソフトバンク)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ポール・キャンドランド、以下、ディズニー)

協業により、ディズニーの携帯電話事業を日本で開始が決定!

本サービスは、日本の携帯コンテンツ市場において確立されたディズニーの確固たる実績を活かしたビジネスとなります。

昨年11月12日、移動体通信事業サービス提供に関する電気通信事業の届出を総務大臣に対して行い、本サービスは「ディズニー・モバイル」(英語表記:Disney Mobile)として2008年春のサービス開始。

日本の閉ざされた鎖国のようなキャリア市場が開国の時期を迎えようとしています。

アメリカの企業が、日本の大きな市場を狙ってきています。

そんなところに、世界一大きなテレコミュニケーション会社が入ってくるのです。

サービス・製品・個人ビジネスとしての報酬等々・・・すべて手配してくれます。

私たちは、その道具を使わせてもらって、権利収入を得させてもらうのです!

それがACNのビジネスです。

この内容に、敏感で気付く方は気付き 「凄い」と感じる出来事でしょう。

いままでの日本の通信・キャリア状況では考えられないことですから。

通信・キャリア業界の鎖国状況のこの日本にもの凄い動きが訪れてきています!

乗り遅れないで下さい!

今の世界一のお金持ちはビルゲイツではないです。メキシコの方です。

【7月4日 AFP】金融情報 Sentido Comunのウェブサイトが2日に報じたところによると、メキシコ通信産業界の大富豪カルロス・スリム( Carlos Slim)氏の資産が678億ドル(約8兆3000億円)となり米マイクロソフト( Microsoft)のビル・ゲイツ( Bill Gates)会長を抜いて世界一になったことが明らかになった。(c)AFP

この方が携わっている仕事は、テレコミュニケーションです。

世界のお金持ち達が、今、テレコミュニケーションに注目しているのです。

現状は、日々刻一刻と変わっていきます。

ACNはハワイをアジアへの玄関口ととらえて、2005年12月にハワイに進出してきました。

ハワイには日本人や韓国人などアジアの人々が多く住んでいます。

そこからアジアへビジネスチャンスは伝播し今静かに動き始めています。

また2007年9月29日に4人の創立者のうちの一人がハワイを訪れて、ドリームチームの数名と日本に向けてのミーティングが開かれました。

このときの創設者からの話は、「もう既に日本には会社の社員が何人も入り調査を進めている。

私はみんなのパートナーです。

みんなが頑張り、日本オープンに向けもっと熱く盛り上がってきたら、必ずパートナーとして日本オープンを約束します。」とのことでした。

まだいつ入ってくるかということは、しかっり決まっていません。

日本オープンに向けてシステムの日本語化、日本人スタッフの確保教育などの準備が整うのに8ヶ月から1年以内はかかるだろう。

それさえクリアになれば、確実に日本オープンするだろうと言われています。

「まだ入ってきていないビジネスをどうやって進めていくの?」と思われたかもしれません。

しかし今私達はすばらしいチームを結成し、日本オープンの窓口になろうと頑張っています。

いかに日本に入ってくるまでに、自分自身がこのビジネスと会社をしっかり理解し、みんなの前に立っても自信を持って、どれだけ熱く自分の夢、そして会社とビジネスのすばらしさを話すことができるようになっているか。

そしていざ日本に入って来る時までに、いかに心と心で繋がった温かいチームを創っているか、ということはとても重要なことだと思います。

ネットワークビジネスというのはオープンして最初の3年が勝負であり、とても大切な時期だと言われています。いざオープンした時に、みんなで熱くヨーイドン!!で始める事ができるように、今がとても大切な時期なのです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。