スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扱う商品について

acn_sei.jpg


これは今現在実際にアメリカで使われている商品です。

携帯電話デザイン等(アメリカ版)を見たい人はこちらから

まずは電話なのですが、携帯電話では聞いたことがあるかもしれませんが世界で初めて固定電話同士で、何時間話をしても通話料が完全に無料になるというサービスです。

次にVoIP(Voice over Internet Protocol)なのですが、これは日本で言ういわゆるIP電話にあたります。

これをどこの会社よりも安く提供しています。

しかも、最新の技術によりとてもきれいで鮮明な映像を流せるため、今までなかったほどの鮮明できれいな映像のテレビ電話を可能にしました。

現在は、パソコンを使っての映像を見ながら通話は可能ですが、このVoIPはコンパクトで接続も簡単です。

またアメリカのプロバイダと、代理店契約をしています。

ボライゾン、アースリンクなどです。

アメリカ全土の80パーセントをカバーしているといわれます。

次に携帯電話なのですが、自社の携帯電話を持っているわけではなく、アメリカには大手携帯電話会社が6社(日本で言うau,docomo,SoftBank)あるのですが、その6社と代理店契約を結びました。

これは、簡単に言うとディストリビューター1人1人が、街にある携帯ショップと同じように、家族や友達に対して、他社の携帯電話を販売することができるように会社が契約を結んでくれたということです。

しかも、他の代理店を通さないので、どこの代理店よりも安く携帯電話を仲間に売ってあげることができます。

いままで、誰もが既に使っているサービスについて、今までより安くなってしかも便利にする方法を教えてあげるだけで良いのです。

他のネットワークビジネスと決定的に違うのは、商品を売る為に、販売する商品の効果等がそんなに自分自身が「良いものだ!」と感じていもいないのに、その商品に惚れこんでいる「ふり」をして「自分に嘘までついて」販売しなくてもいいのです!

つまり、自己暗示売り込みは発生しません。

また、つい先日DIREC TV(日本で言うスカパー)とも代理店契約を結びました。

今後どんどん商品郡が増えていくでしょう!!


ここで、日本でシェアがほぼ100パーセントである電話について少し書かせていただきます。

今現在、日本に入ってきている、ネットワークビジネスを営業の媒体として成功している会社は、いくつかありますが、化粧品や健康食品をメインに大きな売り上げをあげ成功しています。

その一つの例として、ニュース○ンという大きな会社が1993にアメリカから日本に入ってきたのですがその当時、ア○ウェイをはじめ日本には、すでに化粧品や健康食品を扱うネットワークビジネスの会社が多く存在したため「今更入ってきたとしても絶対成功はしないよ。」と言われていました。

しかし、ニュー○キンは今日本のネットワークビジネスの業界で第2位の売り上げをあげる会社に成長しました。

データの方面から見てみると、日本での化粧品のシェアはほぼ50パーセント(ほぼ女性)健康食品、サプリメントのシェアはおよそ28パーセントです。

それと比較し、日本市場のシェアがほぼ100パーセントである電話とそのサービスを持って日本に参入してくるACNの間違いない成功が見えてくるのがわかるでしょう。

話を戻します。

VoIPとテレビ電話ですが、 VoIPというのは直訳するとインターネット回線を使って電話をかける技術のことです。

これから日本では一世帯に一本、高速回線のインターネットがつながる時代が来ることは誰でも予測ができると思います。

日本政府の中でも電話線をなくしていこうという動きがありますし、もう既に大手会社や大手銀行はIP電話(インターネット電話)に変わってきています。

戦後一番お金が動く産業が「VoIP産業」だともいわれています。

テレビ電話に関しても、日本ではまだほとんど利用されていません。

しかしポッケトベルを使ってる時代、初期の携帯電話(本体48万円、基本使用料24万円1分あたりの通話料1200円)が出た時代に誰がここまで携帯電話市場が大きくなり、携帯電話でテレビを見たり、音楽を聴いたり、インターネットを利用したりする時代が来ることを予測したでしょうか?

そんな時代が来ることをしかっり予測し、携帯産業に投資していた人は今、大きな資産(権利収入)を獲得しています。(○○○妹のおじいちゃん)

しかし、時代はどんどん便利な方向に変わってきています。

この会社が入ってこようとこなかろうと、必ずテレビ画面を見ながら電話する時代がきます。

パソコンよりも、利便性が高いのと同時に用途も多様化出来る商品です。

より便利なインターネット回線を使って、誰もが電話する時代が必ずやってきます。

今現在アメリカでは、この会社にメンバーとして登録するのに支払う登録料として、499ドルかかります。

更新料(年会費)は150ドルです。

日本でも同等の費用となると思われます。

この登録費用はどのように使われているかというと、私達ディストリビューターの資料作成、システム維持費、システム開発費、商品開発費、他国オープンの資金、弁護士費用、経理代行、社員の給与、などにあてられています。

499ドルという金額についてなのですが、決して安い金額ではないですが、日本でネットワークビジネスを行っている他社と比べると、最初は割高なのが気になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし調べを進めていくうちに、登録料が100ドル以下の安い会社というのは、仕入れや売り上げのノルマがある会社がほとんどで、ノルマを達成しないとボーナスの対象者になることができないため、ついつい売り込みが先行してしまいがちのビジネスになってしまいます。

本登録前に活動出来る今が絶好の参入チャンスです!

もちろん仮登録機関の今は、無料で参加できます。

日本に正式上陸した後に499ドル(恐らくこの程度)を支払って登録すると、ディストリビューター番号を取得することができます。
(本登録の際に、登録しなければ費用はゼロです!)

この番号から自分専用のサイトにアクセスできるようになり、そのサイトを見るだけで、自分の段階、自分のお客様の数、自分の下に何系列できていて、何人のメンバーがいるのか、次のレベルに行くには何をする必要があるのかなど、一目で確認することが可能になります。

世界最大の通信会社がアジア、そして日本へ上陸。

もうすぐです。

日本参入と同時に、爆発的な参加者があることでしょう。

だから、今は絶好のチャンスなのです。

今すぐに、資料請求しましょう!
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。