スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACNとは?

最新のネットワークビジネスを貴方に!!

この機会を逃さないで下さい!

acntoptop.jpg

アメリカから今、世界最大のテレコミュニケーション会社が、ここ一年くらいで日本に進出する情報をキャッチしました。

ACNホームページ
見たい国の国旗をクリックして下さい。

携帯電話デザイン等(アメリカ版)を見たい人はこちらから

1993年創立以来15年間成長し続け、無借金経営を続けています。

今年度中には1000億円の売り上げを突破する予定の巨大な会社です。

3月に20ヶ国目のプエルトリコがオープン!

破竹の勢いは止まりません!

規模はNTTがスーパーノード(電話交換器)を1台所持しているのに対し、アメリカだけでも5台所持しています。

そのうちの1台はアジア展開を見据えハワイに設置されました。

また営業の媒体がネットワーキングでメンバーの数は既に世界中で60万人を越えています。

アメリカの不動産王のドナルド・トランプ氏は有名です。

トランプ氏は彼の市場スタッフ38人を使い、ACNという会社を14ヶ月もかけて細かく調べ上げました。

その結果としてシステムと考え方がすばらしいと大絶賛し、トランプ氏自身がトップ経営陣コーチとして加わり顔と名前を公表してまでDVD、雑誌などでこの会社を推奨しACN主催のイベントなどでゲストスピーカーとしてアドバイスをするなど、バックアップしています。

そしてそんな中で、彼のようなトップ・プロフェッショナルビジネスマンが、私達に「この会社でチャンスを掴みなさい。」とメッセージを送ってくれています。

ドナルド・トランプ氏とは1946年6月14日ニューヨーク生まれ
アメリカ合衆国の実業家で不動産王。
大富豪としても知られています。

不動産業以外にもエンターテイメント産業やカジノ経営、輸送業にも手を広げています。最近の書籍は Why We Want You to Be Rich最近のニュースでは、ハワイ ワイキキにホテル開発事業があります(トランプ・インターナショナル・ホテル&タワー)

以上のことからとても基盤のしかっりした会社であり、将来性ポテンシャルが非常に高い安定安心の企業です。


会社概要

●会社創立:1993年

●売り上げ等(2005年度):年商600億円 社員数1700人
今年度年商予測:1000億円超

●本社:アメリカ・ノースカロライナ州

ACNホームページ
オープン国各国の国旗をクリック!


●世界20ヵ国展開

1.アメリカ 2.カナダ 3.オーストラリア 4.ニュージーランド 5.イギリス 6.イタリア 7.フランス 8.ドイツ 9.オーストリア 10.ベルギー 11.デンマーク 12.スイス 13.オランダ 14.スペイン 15.ポルトガル 16.ポーランド 17.ノルウェー 18.スウェーデン 19.アイルランド ☆20.プエルトリコ(2008/3月オープンしました!)

日本または韓国 以降アジア各国オープン予定!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●事業規模や顧客の目安(2005年度)

規模はNTTがスーパーノード(電話交換器)を1台所持しているのに対し、アメリカだけでも5台所持しています。

そのうち1台はアジア展開を見据えハワイに設置されました。

また営業の媒体がネットワーキングでメンバーの数は既に世界中で60万人を越えています。

●オープン国での事業展開内容(絶対必需品事業)

・一般電話回線の、長距離・国際電話サービス
・インターネット(ダイアルアップ・DSL)サービス
・デジタル電話(VoIP)サービス
・衛星テレビ(サテライトTV)サービス
・携帯電話、新規
・携帯電話、家族プラン
・携帯電話、契約更新は
・携帯電話、ラインの追加 の各携帯モバイルサービス

サービス内容は、今現在オープンしている国での例です。

日本は、まだ準備段階中ですのであくまで目安としてお考え下さい。

●参考サイト

ACNincホームページ http://www.acninc.com/acn/

VOIPサイト https://www.myacn.com/digital/index.html

携帯サイト http://www.acninc.ws/a/wireless.html

電話各種サービスサイト https://www.myacn.com/phone/index.html

インターネットサービスサイト https://www.myacn.com/internet/index.html

サテライトTVサービスサイト https://www.myacn.com/tv/index.html


ネットワーカー必見!!!USA発世界一の電話会社日本上陸

簡単に説明すると、今までの商品を媒体にしたネットワークビジネスとは違い、電話、携帯電話、インターネット(サービス)の毎月、引き落とされる電話代の数パーセントが、ボーナス(印税的権利収入)として入ってくるシステムです。

商品ベースのネットワークビジネスの場合、ひと月商品がどれだけ流通したかでボーナスが発生します。

だから、次の月は0(ゼロ)からのスタートのになります。

しかし、電話代の場合、安くより良いサービスの場合、毎月、毎月、引き落とされるものです。

ですから、次の月は前月に獲得したものにプラスしていけるのです。

さらに、商品ではなく、電話のサービスを媒体にしているので、商品の素晴らしさを説明する必要がありません。

例えば、サプリメントの場合、身体にどのように良いのか説明する必要があります。

シャンプーや、洗剤ならば、身体にどのように良いのかや、環境にどのように良いのかをお客、及び、メンバーにしたい人たちに説明する必要があります。

しかし、電話や携帯電話、インターネットの場合、皆が毎日使っているものなので、お得で良いサービスならば、説明もそこそこで良いのです。

電話、携帯電話、インターネットのサービスを媒体にしたネットワークビジネスなので、商品(生活必需品、健康食品、化粧品、etc..)のネットワークビジネスと、競合する事がありません。

心おきなく今やっているネットワークビジネスを続けながら、ACNのビジネス活動もできるわけです。

なおかつ、ネットワーカーには必需の電話、携帯電話、インターネットのサービスで安く、より良いサービスをどんどんACNが出して来るのでネットワーカーにはもってこいではないでしょうか?

ネットワーカーならば、この素晴らしい、非常にやりやすい会社を理解することは容易でしょう。

この会社は、世界19カ国で大成功をしていて、1993年設立15年の歴史を持ち、2005年の売上は、5億ドル(500億円)を記録し、破竹の勢いの世界最大のテレコミュニケーション会社です。

そんな大きな会社が、まだ、アジアの大きなマーケットに進出(OPEN)していないのです。

日本に入ってきたら、必ず、はじけます。   

ハワイではものすごい勢いで伸びでいます。

世界19カ国でも、来年度は、10億ドル(1000億円)以上の売り上げを予想しています。

私はハワイに住んでいて、一時帰国しています。

いち早く、このチャンスを皆さんにお伝えし、日本市場が開く前に、準備したいと考えています。

マーケットプランも最高です。

何より、私たちのグループは、ACNの社員よりも、早く会社の情報が入るグループにいます。

これは、直接、社長たちと話せるアップラインが、すぐ上にいるからです。

そして、日本オープンのときには、真っ先に情報が入ります。

私の系列上位の人たちは、すべて成功しています。その成功者たちに教えてもらっていて、同じことを真似していくのですから、成功します。

そして何より、私の7段上には、ネットワークビジネスのシステムを作った中の一人である、J・B氏がいます。

どんな質問にも答えてくれ、成功への教えを伝授してくれます。

こんな有難いことはないでしょう。

色々なネットワークビジネス会社は、日本オープンして、3年が、急成長します。

Am社も、Nu社も、3年で大ブレイクしました。

このチャンスの女神の前髪を一緒につかみましょう。

この会社について詳しく知りたい方、本気で成功したい方、一緒に成功しましょう。

まずは、今すぐ「無料請求」しましょう!決断ある1歩を踏み出しましょう!!

img_acn04.jpg

スポンサーサイト

扱う商品について

acn_sei.jpg


これは今現在実際にアメリカで使われている商品です。

携帯電話デザイン等(アメリカ版)を見たい人はこちらから

まずは電話なのですが、携帯電話では聞いたことがあるかもしれませんが世界で初めて固定電話同士で、何時間話をしても通話料が完全に無料になるというサービスです。

次にVoIP(Voice over Internet Protocol)なのですが、これは日本で言ういわゆるIP電話にあたります。

これをどこの会社よりも安く提供しています。

しかも、最新の技術によりとてもきれいで鮮明な映像を流せるため、今までなかったほどの鮮明できれいな映像のテレビ電話を可能にしました。

現在は、パソコンを使っての映像を見ながら通話は可能ですが、このVoIPはコンパクトで接続も簡単です。

またアメリカのプロバイダと、代理店契約をしています。

ボライゾン、アースリンクなどです。

アメリカ全土の80パーセントをカバーしているといわれます。

次に携帯電話なのですが、自社の携帯電話を持っているわけではなく、アメリカには大手携帯電話会社が6社(日本で言うau,docomo,SoftBank)あるのですが、その6社と代理店契約を結びました。

これは、簡単に言うとディストリビューター1人1人が、街にある携帯ショップと同じように、家族や友達に対して、他社の携帯電話を販売することができるように会社が契約を結んでくれたということです。

しかも、他の代理店を通さないので、どこの代理店よりも安く携帯電話を仲間に売ってあげることができます。

いままで、誰もが既に使っているサービスについて、今までより安くなってしかも便利にする方法を教えてあげるだけで良いのです。

他のネットワークビジネスと決定的に違うのは、商品を売る為に、販売する商品の効果等がそんなに自分自身が「良いものだ!」と感じていもいないのに、その商品に惚れこんでいる「ふり」をして「自分に嘘までついて」販売しなくてもいいのです!

つまり、自己暗示売り込みは発生しません。

また、つい先日DIREC TV(日本で言うスカパー)とも代理店契約を結びました。

今後どんどん商品郡が増えていくでしょう!!


ここで、日本でシェアがほぼ100パーセントである電話について少し書かせていただきます。

今現在、日本に入ってきている、ネットワークビジネスを営業の媒体として成功している会社は、いくつかありますが、化粧品や健康食品をメインに大きな売り上げをあげ成功しています。

その一つの例として、ニュース○ンという大きな会社が1993にアメリカから日本に入ってきたのですがその当時、ア○ウェイをはじめ日本には、すでに化粧品や健康食品を扱うネットワークビジネスの会社が多く存在したため「今更入ってきたとしても絶対成功はしないよ。」と言われていました。

しかし、ニュー○キンは今日本のネットワークビジネスの業界で第2位の売り上げをあげる会社に成長しました。

データの方面から見てみると、日本での化粧品のシェアはほぼ50パーセント(ほぼ女性)健康食品、サプリメントのシェアはおよそ28パーセントです。

それと比較し、日本市場のシェアがほぼ100パーセントである電話とそのサービスを持って日本に参入してくるACNの間違いない成功が見えてくるのがわかるでしょう。

話を戻します。

VoIPとテレビ電話ですが、 VoIPというのは直訳するとインターネット回線を使って電話をかける技術のことです。

これから日本では一世帯に一本、高速回線のインターネットがつながる時代が来ることは誰でも予測ができると思います。

日本政府の中でも電話線をなくしていこうという動きがありますし、もう既に大手会社や大手銀行はIP電話(インターネット電話)に変わってきています。

戦後一番お金が動く産業が「VoIP産業」だともいわれています。

テレビ電話に関しても、日本ではまだほとんど利用されていません。

しかしポッケトベルを使ってる時代、初期の携帯電話(本体48万円、基本使用料24万円1分あたりの通話料1200円)が出た時代に誰がここまで携帯電話市場が大きくなり、携帯電話でテレビを見たり、音楽を聴いたり、インターネットを利用したりする時代が来ることを予測したでしょうか?

そんな時代が来ることをしかっり予測し、携帯産業に投資していた人は今、大きな資産(権利収入)を獲得しています。(○○○妹のおじいちゃん)

しかし、時代はどんどん便利な方向に変わってきています。

この会社が入ってこようとこなかろうと、必ずテレビ画面を見ながら電話する時代がきます。

パソコンよりも、利便性が高いのと同時に用途も多様化出来る商品です。

より便利なインターネット回線を使って、誰もが電話する時代が必ずやってきます。

今現在アメリカでは、この会社にメンバーとして登録するのに支払う登録料として、499ドルかかります。

更新料(年会費)は150ドルです。

日本でも同等の費用となると思われます。

この登録費用はどのように使われているかというと、私達ディストリビューターの資料作成、システム維持費、システム開発費、商品開発費、他国オープンの資金、弁護士費用、経理代行、社員の給与、などにあてられています。

499ドルという金額についてなのですが、決して安い金額ではないですが、日本でネットワークビジネスを行っている他社と比べると、最初は割高なのが気になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし調べを進めていくうちに、登録料が100ドル以下の安い会社というのは、仕入れや売り上げのノルマがある会社がほとんどで、ノルマを達成しないとボーナスの対象者になることができないため、ついつい売り込みが先行してしまいがちのビジネスになってしまいます。

本登録前に活動出来る今が絶好の参入チャンスです!

もちろん仮登録機関の今は、無料で参加できます。

日本に正式上陸した後に499ドル(恐らくこの程度)を支払って登録すると、ディストリビューター番号を取得することができます。
(本登録の際に、登録しなければ費用はゼロです!)

この番号から自分専用のサイトにアクセスできるようになり、そのサイトを見るだけで、自分の段階、自分のお客様の数、自分の下に何系列できていて、何人のメンバーがいるのか、次のレベルに行くには何をする必要があるのかなど、一目で確認することが可能になります。

世界最大の通信会社がアジア、そして日本へ上陸。

もうすぐです。

日本参入と同時に、爆発的な参加者があることでしょう。

だから、今は絶好のチャンスなのです。

今すぐに、資料請求しましょう!

ACNの可能性について

img_acn02.jpg


今春、アメリカの携帯電話会社ディズニーモバイルが日本に進出しました。

ソフトバンクモバイル株式会社
(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下、ソフトバンク)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ポール・キャンドランド、以下、ディズニー)

協業により、ディズニーの携帯電話事業を日本で開始が決定!

本サービスは、日本の携帯コンテンツ市場において確立されたディズニーの確固たる実績を活かしたビジネスとなります。

昨年11月12日、移動体通信事業サービス提供に関する電気通信事業の届出を総務大臣に対して行い、本サービスは「ディズニー・モバイル」(英語表記:Disney Mobile)として2008年春のサービス開始。

日本の閉ざされた鎖国のようなキャリア市場が開国の時期を迎えようとしています。

アメリカの企業が、日本の大きな市場を狙ってきています。

そんなところに、世界一大きなテレコミュニケーション会社が入ってくるのです。

サービス・製品・個人ビジネスとしての報酬等々・・・すべて手配してくれます。

私たちは、その道具を使わせてもらって、権利収入を得させてもらうのです!

それがACNのビジネスです。

この内容に、敏感で気付く方は気付き 「凄い」と感じる出来事でしょう。

いままでの日本の通信・キャリア状況では考えられないことですから。

通信・キャリア業界の鎖国状況のこの日本にもの凄い動きが訪れてきています!

乗り遅れないで下さい!

今の世界一のお金持ちはビルゲイツではないです。メキシコの方です。

【7月4日 AFP】金融情報 Sentido Comunのウェブサイトが2日に報じたところによると、メキシコ通信産業界の大富豪カルロス・スリム( Carlos Slim)氏の資産が678億ドル(約8兆3000億円)となり米マイクロソフト( Microsoft)のビル・ゲイツ( Bill Gates)会長を抜いて世界一になったことが明らかになった。(c)AFP

この方が携わっている仕事は、テレコミュニケーションです。

世界のお金持ち達が、今、テレコミュニケーションに注目しているのです。

現状は、日々刻一刻と変わっていきます。

ACNはハワイをアジアへの玄関口ととらえて、2005年12月にハワイに進出してきました。

ハワイには日本人や韓国人などアジアの人々が多く住んでいます。

そこからアジアへビジネスチャンスは伝播し今静かに動き始めています。

また2007年9月29日に4人の創立者のうちの一人がハワイを訪れて、ドリームチームの数名と日本に向けてのミーティングが開かれました。

このときの創設者からの話は、「もう既に日本には会社の社員が何人も入り調査を進めている。

私はみんなのパートナーです。

みんなが頑張り、日本オープンに向けもっと熱く盛り上がってきたら、必ずパートナーとして日本オープンを約束します。」とのことでした。

まだいつ入ってくるかということは、しかっり決まっていません。

日本オープンに向けてシステムの日本語化、日本人スタッフの確保教育などの準備が整うのに8ヶ月から1年以内はかかるだろう。

それさえクリアになれば、確実に日本オープンするだろうと言われています。

「まだ入ってきていないビジネスをどうやって進めていくの?」と思われたかもしれません。

しかし今私達はすばらしいチームを結成し、日本オープンの窓口になろうと頑張っています。

いかに日本に入ってくるまでに、自分自身がこのビジネスと会社をしっかり理解し、みんなの前に立っても自信を持って、どれだけ熱く自分の夢、そして会社とビジネスのすばらしさを話すことができるようになっているか。

そしていざ日本に入って来る時までに、いかに心と心で繋がった温かいチームを創っているか、ということはとても重要なことだと思います。

ネットワークビジネスというのはオープンして最初の3年が勝負であり、とても大切な時期だと言われています。いざオープンした時に、みんなで熱くヨーイドン!!で始める事ができるように、今がとても大切な時期なのです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネットワークビジネスについて

ネットワークビジネス(マルチレベル・マーケティング)ほど人によって解釈や見解が異なるビジネスはありません。

ここでもう一度、基礎知識として整理しておきましょう。

◆マルチレベル・マーケティング(MLM)とは?

マルチ=多面的な レベル=階層 マーケティング=商法

つまり、「多面的な階層で物品を流通させる仕組み」という意味。

アメリカで1930年代に誕生した無店舗訪問販売商法のひとつで商品の愛用者(消費者)が同時に販売員も兼ねるディストリビュータ方式を採用することで独自の販売システムを確立した。

MLM大手には企業格付ランキングでトップクラスも少なくない。

◆ネットワークビジネス(MLM)は評判が良くない?

MLM(ネットワークビジネス)の基本は「自分で使ってみて良かった商品をクチコミで親しい人に紹介し、'紹介の輪'を広げること」であり、広げた輪(流通組織)の大きさに応じて利益が配分される。

この「利益配分方式」が非常に精緻であるがゆえに、この仕組みだけを利用し、粗悪商品を流通させて金儲けを企てる業者やディストリビュータが後を絶たず、業界全体のイメージを悪化させている側面がある。

◆それでも、ネットワークビジネス(MLM)が流行るのは何故?

アメリカでMLMが急成長した1980年代、スタンフォード研究所のレポートにはこう書かれていた。

「1990年代の終わり頃には、大衆が日常消費する商品やサービスの50~60%がMLMの手法で販売されるようになるだろう」

現実にはそこまでは到達していないが、IT革命の進展によって構造変化を余儀なくされた流通業界にあって、ネットワークビジネスが注目される存在としてクローズアップされてきたことは事実である。

疲弊した既存の流通構造にもはや頼れなくなった企業も、独自の流通網を形成できるネットワークビジネスに注目している。

また、終身雇用が約束されなくなったサラリーマン生活に不安を感じた個人も、自立自営の手段としてネットワークビジネスに注目している。

◆企業がネットワークビジネス(MLM)に取り組むメリットは?

例えば、よい商品を持っていながら、資本力が弱いために大々的に宣伝できず売れてない商品は、ネットワークビジネスのルートに乗せれば、比較的短期間のうちに世に送り出すことができる。

この点で企業にとってネットワークビジネスは強力な武器になる可能性を秘めている。

(1)成功のルール

人は生まれながらにして、人生ゲームに参加している。

ゲームの目的は「達成」することである。

ゲームを達成させるには「ルール」を知っていることが必要である。

しかし、殆どの人は「ルール」さえ知らない。

教えられたのは「レール」に乗っかることだけである。

※ レール=勉強して良い学校に入り、良い会社に就職する・・・

(2)社会情勢

90%の人・・・気が付いたら、お金が無くなっている。

10%の人・・・いつの間にか、お金が溜まっている。

増税などにより勝ち組と負け組の差別化(2極化)が進み「中流」が無くなる。

多くの方が、生活のために、「副業」を望んでいる。


(3)ネットワークビジネス
ネットワークビジネスは人生を豊かにする「最高の手段」である。

日米におけるNBの市場は共に約3兆円であるが、アメリカ1,200万人に対して、日本人は1/6の200万人であり、日本市場の効率性は、米からすれば、魅力的な市場である。

よって、多くの外資が日本をターゲットにしている。

(4)NPU(Networkmarketting Political Union)

既に大きな市場をもつNBだが、法律では「特商法」のみで、遅れている。

NBの地位向上を目的に設立されている。永田町ではNBが注目されている。

(5)ロバート・キヨサキ

「金持ち父さん・貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏は「金持ちはネットワークを持っている」と言っている。

レールに乗って従業員になると。

(A) 会社オーナーの為に、働き

(B) 政府の為に、働き

(C) 残った小額が賃金 である。

(6)クワドラント

4つのクワドラントがあり、左から右への移行には大きな壁がある。

左側 E=従業員、S=自営業者
右側 B=ビジネスオーナー、I=投資家
右側のI(投資家)になれなくとも、B(ビジネスオーナー)にはなれますよ!

(7)ビジネスオーナー

ネットワークビジネスはコピービジネスともいわれ、リプリケーションが大事。

判断基準として、理念・会社・製品・プランが挙げられるが初期投資(特定負担)が高額のものには注意が必要。

理由は、貴方が出来るかどうかではなく、紹介した人が出来るかどうかである。

(8)日本のNBの現状

日本のNBの64%がバイナリーを採用しているがバイナリーで10年以上続いた会社はありません。

バイナリーの長所は組織づくりが早く教育不要。

短所はグループ意識が薄く安定しない。

成功しているアムウェイ・ニュースキン・・・は、ブレイクアウェイを採用。

ブレイクアウェイは、複数アイテムの提供が必要で、組織構築に時間が掛かるが崩壊しにくい。

◆権利収入って何?

パブロとブルーノの物語をご覧下さい!




不動産王トランプ絶賛のビジネスを映像で!


ACN(MLM)ネットワークビジネスのイメージ動画1


ACN(MLM)ネットワークビジネスのイメージ動画2


イベント映像


私たちの未来の姿です!!


Voipテクノロジーは世界No1

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。